香りの感じ方の変化

2017-01-18-20-45-00

朝、神様お迎え香のこと書きましたが、

その時にする、香りを聞く体験について

20170203_184248

13種類のお香を鼻の前で1回だけ通して、そこから
イメージするものを表していくんですが、

香りを通すことで鼻の扉が開くそうで、

鼻の扉が開く=感覚が研ぎ澄まされる

につながるので、何回か体験することで
感じ方がどんどん変わってくるのだそうです。

扉は何層にもあるようで、一つ目の扉が開いたら、
さらに奥にある2つ目の扉が開いて…と、どんどん
開いていくので、回を重ねるたびに変化が現れるのだとか。

なので、前にも参加したことある人は、前に書いたものと
比べるとおもしろいですよ

なんてことをおっしゃってたので、家に帰ってきて
前にやったときのと比べてみました。

20170203_185142

1枚目が今回ので、2枚目が前回(去年の8月か9月ごろ)のもの。

龍脳なんて、「かぜ、くすり」から、「甘い、みやび」ですからね。

安息香も「お寺、仏間」→「無、ないようである、静かさ」と
全く違う感じになってました。

全体的には、1回目は実在する物の名前が多かったんですが、
2回目は形容詞やオノマトペ、色、映像が浮かんだりと
だいぶ変化してました。

ちなみに、イメージとして、「くすり」とか「お寺」とか
実物の名前が出てくる人は、パソコンとか電子機器の使いすぎで、
感覚がだいぶ鈍くなってる証拠なんだとか。

(そういう人はこめかみのあたりをぐりぐり刺激すると
電脳刺激からだいぶ解放されるそうですよ)

1回目はそういう名前がほとんどでしたが、2回目はだいぶ
減っていたのが一目瞭然だったのでびっくりしつつも、
それだけ変化したということに自分でも驚きでした。

神様お迎え香は前の香り袋より大きくて香りも強く感じるので、
また変化していくかと思うと楽しみです。

そういう楽しみ方もできるお香の会、行けば行くほど
新たな気づきが得らる楽しい場だと思います。

私が参加しているのはこちら➡
http://www.reservestock.jp/events/167280

広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中