未完了を完了させる

去年の2月に参加した南山大学の公開講演会
「入門ゲシュタルト組織開発」

2016-02-28-13-58-15

このときのfacebookの投稿をたまたま見かけて思い出しました。

今は組織開発に直接関わることはしてないし、当分する予定もないけど、
コンサルタントや組織の長として何かに関わることがないとしても
学びの多いものでした。

そのときに書いた印象に残っていることがこちら

・未完了を完了させる
…未完のものを「完了」させることによってそれにとらわれていたエネルギーが解放される。
「計画が終わった」と報告するだけでも完了になる。

・パーソナルプレゼンス
…同じような経歴、条件のとき、他の人ではなくあなたが選ばれる理由は「プレゼンス」
プレゼンスとは、出会う前から、接触している間、別れた後にも与え続ける印象、影響

・認知的奇異さ指数
…プレゼンスには幅がある。相手に同質と思われたり、異質すぎると思われたりすると
効果は低くなる。自分自身のその場に合ったスイートポイントを探すこと。

・「解決すべき問題」と「対処されるべきジレンマ」の違いを知る
…ジレンマを解決することに力を注ぎすぎて問題の解決に向かわなくなってしまう。
それは無駄。

 

これ、今見てもやっぱり気づきを与えてくれるものです。

組織開発に直接関わらなくても、人と接することきや
何かを成し遂げようとするときにはとても役立つポイントかなと思います。

これを見て、今の私としては、

未完のものがたくさんあって、それにとらわれるエネルギーを
無駄に使っているように思うので、

どんな形でもいいので「完了」させようと動き始めることに。

ここ1週間ぐらいで、いろんなものにけりをつけております。

「計画が終わった」と報告するだけでも完了したことになる
の言葉に助けられ、

完了させることにもいろんな形があると思って、やっています。

まだ終わってないものたくさんあるけど、どうなったら完了か
というのはイメージできているのでとにかく動くだけです。

さっさと終わらせて新しいものにエネルギーを注ぎたいと思います。

南山大学人間関係研究センターの公開講演会、NTLから
講師が来られてぜいたくなものです。

今年もあるようですがもう受付終了になってしまったようですね…。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/NINKAN/koen/index.html

広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中